薬の正しい知識を子どもたちに伝えるため、公益社団法人 茨城県薬剤師会学校薬剤師部会と日本大学薬学部薬剤師教育センターが共同制作し、協議会が作成に協力した新教材を公開しました。

 

制作したのは「勇者ジョーザの冒険」と「魔法学校のお話」の2つの物語で、ともにくすり教育の授業などで使用できるスライド(パワーポイント)形式の教材となっています。

「勇者ジョーザの冒険」編は魔王病魔からの挑戦状を勇者ジョーザと3人の仲間たちがクリアして勇者の巻物4巻を集めてゴールを目指し、姫と村人を助けるという設定で、「魔法学校のお話」編は魔法使いの授業を受けながら4つの魔法書を集め一人前の魔法使いに成長していくというストーリーとなっています。

2つの教材はともに正しい飲み方や服用方法や副作用などについて実験動画やクイズを交えてゲーム感覚で楽しく学べる内容となっており、どなたでも無料でダウンロードしてお使いいただけます。

子どもたちが楽しみながら参加し、正しい薬の使い方を知るきっかけとなる教材としてご活用下さい。

 

 

◆関連ニュースリリースはこちら◆

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事