介護士
山岸 大輔氏

さすがに今回のマンガは過剰でしたね(笑)
冗談はさておき、利用者様によっては複数の目薬を点眼される方がおられます。
私が新人だったころ、先輩より「とにかく5分程度時間を置いてから次の点眼をしていただくように」と教わりました。
ただ、その理由までは把握しておらず、とにかく5分ということだけ今でも覚えています。
また、点眼する順番を分かりやすくするために、目薬へマジックペンで1.2…、また両目・左目などと書いていました。
ここまでの工夫をしていても、点眼量や時間の間隔をあけることを含め、正しく点眼をするのは利用者様にとってはなかなか難しい場合があります。

介護士は利用者様のお体の状況に合わせ、点眼するという行為への支援を行います。
それは目薬の効果を最大限発揮できるようお手伝いをすることです。
保存場所から、点眼する動作までの一連の行為の中で、何か気になること、わからないことがあれば薬剤師の方へ相談することが必要になります。

 
 

薬剤師
玉井 典子氏

介護職の方が点眼薬の滴下援助をしてあげることもあるかと思います。
その際、容器の先が目に触れないようにして1滴点眼します。
通常、点眼薬は1滴が30~50μLですが、結膜嚢にためられる量は30μLぐらいで、結膜嚢には通常7μLの涙液があるので1滴で十分となります。
それ以上さしても溢れ出てしまいティッシュなどで拭きとることになりますし、もし2種類以上の点眼薬を続けてさしてしまうと、2番目に使った点眼薬はすべて流れ落ちて効果を発揮することができません。
よって点眼薬は1滴で十分、かつ2種類以上使う場合は、続けてささずに必ず5分以上の間隔をあけて使いましょう。
2種類以上の点眼薬の使用する順番は原則、水性→懸濁性→ゲル状→軟膏の順になります。
また点眼薬には遮光や冷所保存が必要なものもありますので、添付の遮光袋に入れて日の当たらない所にしまう、冷蔵庫に入れて置くなどして適切に保管しましょう。
点眼薬の使用期限は開封後通常1か月以内ですが、用時溶解して使うものの中には使用期限が1週間以内ということもあります。
使用方法・使用期限・保管方法など薬によって異なりますので、わからないことは是非薬剤師に相談しましょう。

 

監修:株式会社 友愛メディカル 常務取締役
薬剤師 玉井 典子
生活介護サービス株式会社 代表取締役
介護士 山岸 大輔

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事