『外国人患者への処方薬の説明に「くすりのしおり®」の活用を』と題して、英語版くすりのしおりを紹介する記事が、医学書院の医学界新聞3月15日号に掲載されました。
 

 
新型コロナウイルス感染症の蔓延により、訪日外国人は激減していますが、それでも2020年6月時点で288万5904人もの外国人が日本で暮らしています。医療機関にかかる外国人も増えています。
病気を抱えた外国人は日本語がわからない分、より不安が大きいのではないでしょうか? 
医師、薬剤師の皆様に、英語版くすりのしおりを活用して、外国人患者さんにも適正使用に必要な情報を届けていただきたいと思います。

また、英語版くすりのしおりを含め、くすりのしおり®の活用法についてまとめたパンフレットがあります。
是非ご覧ください。
 

閲覧用PDF

閲覧用 PDF

 

印刷用PDF

印刷用 PDF

 

※無料ダウンロード可能※


 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事