2020年12月21日~2021年1月20日にかけてオンラインで行われている「おんらいん上京の子どもまつり」で、くすりを正しく使うための実験の動画が、小さい子にもわかるよう、ひらがなの字幕が付いて活用されています。
京都市の上京薬剤師会の小森先生よりレポートが届きましたのでご紹介します。

レポート
京都市上京区では、子どもたちの健全育成と地域の子育て支援ネットワークづくりのため、地域の伝統文化や区民の文化活動の紹介を通じ、子ども同士のふれあいや体験・学習・遊びの場を提供する「上京の子どもまつり」が毎年開催されています。

そのなかで上京薬剤師会は、お薬を理解してもらうひとつの方法として子ども達の体験学習を行ってきました。

残念ながら今年は、新型コロナ感染拡大防止の観点から集合形式の開催が困難となりましたので、オンラインで体験学習と似た動画を配信することにしました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事