ポリファーマシーに関する一般の方向け啓発資材「あなたのくすり いくつ飲んでいますか?」が千葉県の市川市役所で紹介されています。

先日ご紹介した船橋市役所と同様に、国民健康保険課の窓口で「あなたのくすり いくつ飲んでいますか?」を配布、配架され、ポリファーマシーに関する周知・啓発が行われています。


 

自治体を通して、広くポリファーマシーに関する問題が見直され、医療者への相談にも繋げていただければと思います。

 

近年、ポリファーマシーの問題が注目されています。
多くの病気を抱える高齢者の方は、多剤服用状態に陥りがちですが、服薬者の身体に負担がかかり、医療費の圧迫にもつながります。

なぜポリファーマシーが起きてしまうのか?
自分はポリファーマシーになっていないか?

ぜひ興味を持っていただき、ご自身の服薬状況を見直すきっかけとしていただければと思います。

~**市川市役所よりコメント**~

 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事