介護士
山岸 大輔氏

服薬介助の際に、処方されている薬の数が極端に少なくなっていたり、逆に多く残っていたりすることがあります。

また、複数の医療機関から処方されていたため、同じような効果の薬を、重複して服用されていた方もいました。

管理方法に答えはこれ!というものはありませんが、すぐに効果があるものからご利用者様の個性に合わせた方法もきっとあると思います。

大切なのは介護士だけで解決するのではなく、薬剤師の方へ相談し、ご本人も一緒に解決に向けていくことだと思います。

その為には様々なことに対し気づく力が求められます。
処方されている薬をただ服薬支援するだけでなく、ご本人の様子をみていきましょう。

 
 

薬剤師
玉井 典子氏

高齢者の多くは慢性疾患を抱えるため多剤併用となり、服用方法や服用量が複雑になりがちです。

その結果、飲み忘れや飲み間違えが生じ、大量の残薬が発生することがあります。

そのような事例を発見したら、ぜひ薬剤師に相談ください。

まず一度残薬整理してもらった後、一包化(服用時点ごとに一つの袋にパッケージしてある形)や服用回数の検討をしてもらうと良いでしょう。

また、一包化されたお薬を服用時点ごとにセットできるお薬カレンダーや、配薬ボックスの利用も有効です。

個々の利用者様の生活状況を把握している介護職の方と、薬剤師の情報共有はコンプライアンス(服薬遵守のこと)の向上に繋がります。

 
 

監修:株式会社 友愛メディカル 常務取締役
薬剤師 玉井 典子
生活介護サービス株式会社 代表取締役
介護士 山岸 大輔

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事