介護士さん
普段ちゃんと薬を飲めていないようで、薬が薬袋の中にたくさん残っていたり、探してみると家のあちこちで見つかることもありました。
利用者様に今後きちんと飲んでいただくためにはどうしたら良いのでしょうか。

薬剤師さん
訪問している薬剤師にご相談ください。
残薬を調整することによりお薬を無駄なく活用し、新たな残薬も防ぐことができます。
また、飲み忘れを防ぐためにお薬を服用時点ごとにまとめる一包化、服薬回数、剤形の変更を医師に提案することもできます。

 

介護士
山岸 大輔氏

これまでご利用者様宅へ訪問された際に、残薬を見つけたことは少なからず一度や二度ありませんでしょうか。

時には「こんなところ!?」という場面もあろうかと思います。
例えば電子レンジの中とか…(笑)

介護職の役割としてご利用者様の様々なことに対し気づくことにあります。

残薬があったという出来事に対し、ご利用者様の日々の生活に近い距離にある介護職員が気づき、薬剤師へ情報をつなぐことで専門職ならではの分析と提案を頂くこととなります。

医療と介護が連携することでご利用者様のお困りごとを解決する手段が増えるはずです。
ぜひ気づいたことがあれば薬剤師へ相談していきましょう。

利用者様の生活を支える介護職の方が、大量の残薬や薬が飲めていない状況を発見することは多いかと思います。
ただ、飲んでいない状況の背景は一つではありません。

例えば単に飲み忘れという単純な理由から、副作用が怖いため飲みたくない、薬が大きすぎる、粉や散剤が飲みにくい、吸入や自己注射の手技がよくわからないなどの問題や、服用回数が多すぎる、自己判断で調整している等々さまざまなことが考えられます。
それらの原因をきちんと精査してから、その人にあった支援をする必要があります。

薬剤師
玉井 典子氏

残薬や服薬忘れに遭遇した時はいきなり注意せずに、利用様やご家族がどんなことに困っているか聞き取れる対応ができると良いですね。

そして薬剤師にその情報を伝えていただき、一緒に時間をかけてその方に合わせた解決方法を考えていきましょう。

 

監修:株式会社 友愛メディカル 常務取締役
薬剤師 玉井 典子
生活介護サービス株式会社 代表取締役
介護士 山岸 大輔

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事