11月2~4日、マリンメッセ福岡で開催された第29回日本医療薬学会年会でブース出展を行いました。
11月2日にはポスター発表を行い、くすりのしおりコンコーダンス委員会の栗原 理委員長が対応しました。

英語版くすりのしおり®の実態調査と作成数増加の考察
(~2020東京オリパラに向けて~)

ブースには、日本薬剤師会雑誌に掲載された栗原委員長の「患者さんへの“個別最適化”の一助に~くすりのしおり®の活用法~」の別刷りを配架、ポスター発表後には手にする方が増え好評でした。

ブースを訪れた方のほとんどが、くすりのしおりを使用したことがある、または名称は知っているとのことでしたが、英語版の存在をご存知ない方もいらっしゃったので、これを機会に有用であることを理解いただきました。

バイオ医薬品をわかりやすく解説した「バイオ医薬品ってどんなもの?」(患者さん・一般の方向け)、「これだけは知っておきたいバイオ医薬品」(医療関係者向け)には高い関心が寄せられ、
小冊子「妊娠・授乳とくすり」、保護者向けサイト「子どもにくすりをのませるコツ」にも興味をもつ方が多くいらっしゃいました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事