くすり教育・啓発委員会は、11月15-16日に滋賀県栗東市で開催された平成30年度学校環境衛生・薬事衛生研究協議会滋賀大会にてブース展示を行いました。

たくさんの学校薬剤師、養護教諭、保健体育教諭の方々が立ち寄られ、展示した資材や中高生向け小冊子「くすりは正しく使ってこそくすり!」などについて、小田原 昭男委員、西田 久美子委員が説明を行いました。

   

「小学校高学年での授業が大変有効である」と、小学校でくすり教育を実践している学校薬剤師の方からお話を伺うなど、今後の委員会活動の参考になるくすり教育事情について情報収集をすることができました。

体内での薬の運ばれ方

実験デモ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
‐2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査を実施‐日本人患者に比べて外国人患者とのコミュニケーションが出来ていないと感じる薬剤師は66%
ニュースリリース
‐2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査を実施‐日本人患者に比べて外国人患者とのコミュニケーションが出来ていないと感じる薬剤師は66%
‐2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査を実施‐ 日本人患者に比べて外国人患者との...