問題
風邪予防のためには、風邪薬をのむと良い?

正解率

一般の方900名を対象とした「くすりに対する知識と意識に関する調査」(協議会実施/2014年)より

 

正解は・・・

 

  ✖

 

風邪薬は風邪の症状を抑える薬で、風邪を予防することはできません。
自然治癒力を高めるのが一番です!

 

 

 

解説

風邪をひいた時、栄養をとり暖かくして休養すると治った経験はありませんか?
これは人間の体が生まれながらに持っている「自然治癒力」によるものです。
薬は、熱などの症状を和らげたり、病原菌などの原因を取り除くことで、自然治癒力を助けます。また、病気の予防や診断にも使われています。

 

第1条
人のからだは「自然治癒力」を備えています。しかし「自然治癒力」が充分に働かないこともあります。
そのような時に病気やけがの回復を補助したり、原因を取り除くためにくすりを用います。

くすりの知識10ヵ条とは

2014年11月に施行された医薬品医療機器等法(旧薬事法)では、国民の役割として、薬を正しく理解し使用することが責務とされています。しかし、薬についての最低限の知識と理解がなければ、その責務を果たすことは難しいのではないでしょうか。

そこで協議会は、最低限知っておくべき内容を「くすりの知識10ヵ条」としてまとめました。一人ひとりが最低限の知識を持ち、薬の正しい使い方を身に付けることが、協議会のめざす未来です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事