• ニュースリリース
    共同ステートメント-健康や医療・医薬品に関する情報を正しく理解していただくために-
    2018年3月28日
  • くすり教育
    中⾼⽣向け⼩冊⼦「くすりは正しく使ってこそくすり︕」を公開
    2017年10月6日
  • バイオ医薬品
    患者さん・一般の方向け「バイオ医薬品ってどんなもの?」公開!
    2018年6月13日
  • 協議会関連
    協議会広報誌 RAD-AR News 最新号&バックナンバー
    2017年11月29日
  • くすり教育
    女性向けRAD-AR(レーダー)カード「妊娠・授乳中とくすり」リニューアル・公開
    2016年10月18日
  • バイオ医薬品
    医療関係者向け「これだけは知っておきたいバイオ医薬品」を公開
    2017年6月8日
  • くすりのしおり
    薬のことが知りたいなら「くすりのしおり」を検索!
    2017年12月1日

この度、文部科学省の協力のもと日本薬剤師会と共同制作し、昨年10月に公開した中高生向け小冊子について、中学校の保健授業を進めるうえで参考となる授業展開例(学習指導案)を京都市立中学校教育研究会保健部会に制作いただき公開しました。

本学習指導案は、新しい学習指導要領で謳われている「主体的・対話的で深い学び」の視点を踏まえ、小冊子を活用して「医薬品には,主作用と副作用があること,及び使用回数,使用時間,使用量などの使用法があり,正しく使用することについて理解できるようにする」指導が可能な内容となっています。是非、この学習指導案を参考に、各先生方のオリジナルの授業を実践頂ければと考えています。

なお、京都市立中学校教育研究会保健部会へは、2011年にくすり教育出前研修を行っており、現在に至るまで現場としての様々なアドバイスを頂いています。

この小冊子でも、現場の最前線で薬の授業を行う保健部会の保健体育教諭の先生方に多数のご意見を頂き、授業の冒頭で生徒に興味や関心を持たせたり、生徒が理解し納得しやすい授業の流れを考えた構成となっています。

中高生向け小冊子授業展開例(学習指導案)イメージ

くすり教育の関連記事
  • 「妊娠・授乳とくすり」スマホサイトをもっと知っていただくために
  • 中高生向小冊子の授業展開例を京都市立中学校教育研究会保健部会が制作
  • 第65回近畿学校保健学会に出展
  • 中高生向け小冊子「くすりは正しく使ってこそくすり!」 シンプル版スライドを公開
  • 神奈川県の高校保健体育教諭に、中高生向け小冊子などくすり教育の資材を紹介
  • 大阪で日本薬剤師会主催「くすり教育研修会」にブース出展
おすすめの記事
法人格取得後、2回目の定時総会を開催
協議会関連
 協議会は6月8日、一般社団法人としての第2回定時総会を、野村コンファレンスプラザ日本橋にて開催いたしました。 本総会では、平成28年度決算...
第34回理事会 開催
協議会関連
 くすりの適正使用協議会は、第34回理事会を9月18日(木)に当協議会会議室において開催しました。  審議事項では、平成25年度活動報告がな...