• くすりのしおり
    薬のことが知りたいなら「くすりのしおり」を検索!
    2017年12月1日
  • 協議会関連
    協議会広報誌 RAD-AR News 最新号&バックナンバー
    2017年11月29日
  • バイオ医薬品
    医療関係者向け「これだけは知っておきたいバイオ医薬品」を公開
    2017年6月8日
  • バイオ医薬品
    患者さん・一般の方向け「バイオ医薬品ってどんなもの?」公開!
    2018年6月13日
  • くすり教育
    中⾼⽣向け⼩冊⼦「くすりは正しく使ってこそくすり︕」を公開
    2017年10月6日
  • くすり教育
    女性向けRAD-AR(レーダー)カード「妊娠・授乳中とくすり」リニューアル・公開
    2016年10月18日
  • ニュースリリース
    共同ステートメント-健康や医療・医薬品に関する情報を正しく理解していただくために-
    2018年3月28日

くすりの適正使用協議会は328日、厚生労働記者会にて、「健康や医療・医薬品に関する情報を正しく理解していただくために」と題し、日本医師会、日本薬剤師会、日本製薬工業協会、ささえあい医療人権センターCOML、協議会の6団体連名で共同ステートメントを発表しました。記者会見は厚生日比谷クラブにも声をかけたことから、計12名の記者が参加しました。

このステートメントは、健康や医療・医薬品に関する膨大な情報が氾濫し、ときには、リスクやベネフィットの過剰表現や科学的根拠に基づかない情報、断定的な情報も含まれる中で、一人ひとりが本当に役に立つ正しい情報を見いだし、活用していただくためにはどうしたらよいのかという課題に対し、患者さん、医療関係者、メディア、製薬企業の代表が一堂に会して、3回の検討会を経て策定したものです。提言の策定にあたっては、厚生労働省からも助言を頂きながら進めました。

記者会見では、検討会の座長を務めた今村委員が提言全文を読み上げた後、各委員から提言に込めたそれぞれの想いが語られ、さらに記者からのさまざまな質疑に対応しました。

今後は、今回発表した発表した共同ステートメントを具体的にどのように進めるかの検討を行っていきます。

【記者会見に参加した検討メンバー】
    座長 今村 聡 公益社団法人日本医師会 副会長
       田尻泰典 公益社団法人日本薬剤師会 副会長
       服部洋子 日本製薬工業協会医薬品評価委員会 PMS部会長
       水巻中正 NPO法人日本医学ジャーナリスト協会 会長
       山口育子 認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 理事長
       黒川達夫 一般社団法人くすりの適正使用協議会 理事長

【共同ステートメント 全文】

ボタンをクリックしてご覧ください。

 

関連キーワード
協議会関連の関連記事
  • 東京薬事協会と協力し中央区・千代田区の全中学生に、薬の小冊子を配布
  • RAD-AR NEWS 6月号 発行!
  • 薬局内掲出⽤ポスター「薬剤師に聞いてください」の配布について
  • 共同ステートメント「健康や医療・医薬品に関する情報を正しく理解していただくために」について6団体で記者会見
  • 新規会員について
  • 共同ステートメント-健康や医療・医薬品に関する情報を正しく理解していただくために-
おすすめの記事