• バイオ医薬品
    患者さん・一般の方向け「バイオ医薬品ってどんなもの?」公開!
    2018年6月13日
  • ニュースリリース
    共同ステートメント-健康や医療・医薬品に関する情報を正しく理解していただくために-
    2018年3月28日
  • バイオ医薬品
    医療関係者向け「これだけは知っておきたいバイオ医薬品」を公開
    2017年6月8日
  • くすり教育
    中⾼⽣向け⼩冊⼦「くすりは正しく使ってこそくすり︕」を公開
    2017年10月6日
  • 協議会関連
    協議会広報誌 RAD-AR News 最新号&バックナンバー
    2017年11月29日
  • くすりのしおり
    薬のことが知りたいなら「くすりのしおり」を検索!
    2017年12月1日
  • くすり教育
    女性向けRAD-AR(レーダー)カード「妊娠・授乳中とくすり」リニューアル・公開
    2016年10月18日

BR委員会* 薬剤疫学分科会は、明治薬科大学 教授 赤沢 学氏を招聘して、215日に会員向けセミナー「薬剤疫学を学ぶ会」を開催しました。

4月のGPSP省令改正によって導入される製造販売後データベース調査を意識して、データベース研究で留意すべきバイアスについての最新情報を、さらに昨今話題の医療における費用対効果・HTA(医療技術評価)について解説していただきました。

会員企業の安全性部門やデータ管理などの担当者ら28名が熱心に聴講し、質疑応答も活発でした。

* ベネフィット・リスクマネジメント実践委員会

参加者の声(抜粋)

今後の業務に役立つ内容をおうかがいすることができました。わかりやすくご説明くださいましてありがとうございました。
薬剤疫学初心者であったため基本的知識程度しかもっておらず、内容は少し難しかったです。しかしながら、先生のご説明は例を用いての内容であったため、感覚的にわかりやすいものでした。
誤った解析によって導かれていること等もさらに紹介頂くと、失敗学のようでより実用的と感じました。
学会の紹介などもあり、今後のモチベーションも上がりました。

講義内容概略

  • 医薬品の暴露時間を考慮する

    ・Prevalent new user design

    ・Flexible method for survival data analysis

    ・Treatment switching bias

  • 費⽤対効果・HTAについて

    ・中医協の議論(総括)

    ・⽅法論について

    ・データベース研究・薬剤疫学との関わり

 

薬剤疫学の関連記事
  • 薬剤疫学セミナー 入門コース 開催のご案内
  • 第4回「薬剤疫学を学ぶ会」を開催
  • 薬剤疫学セミナー 入門コース 開催のご案内
  • 第27回日本疫学会 学術大会で企業プレゼンと展示
  • 薬剤疫学入門セミナーを開催
  • 第19回日本医薬品情報学会 学術大会のシンポジウムで講演
おすすめの記事
第3回メディア勉強会開催
協議会関連
 くすりの適正使用協議会は、報道関係者の皆様を通じ、より多くの方々に「くすりの適正使用」の重要性についてご理解いただくために、本年度もメディ...
協議会に株式会社ズーが入会
協議会関連
【新規会員について】  2016年3月10日付で理事会の承認がなされ、同4月1日より、株式会社ズーが「賛助会員」として入会いたしました。  ...