⽇本薬剤師会と協議会は、文部科学省の担当調査官の協力も得て、10月6日、中学校・⾼等学校の医薬品の授業等で活⽤できる、⼩冊⼦「くすりは正しく使ってこそくすり!」を共同制作し、両団体のホームページで PDF 版および PPT 版を公開しました。
⼩冊⼦の PDF 版・PPT 版は、両団体のホームページから無料でダウンロードが可能です。
詳しく知りたい方や、ダウンロードしたい方は、以下の小冊子表紙をクリックしてお進みください。

「くすりは正しく使ってこそくすり!」とは?
・中高生向けですが、一般の方も楽しく薬の基礎を学べます。
親しみやすいイラストと漫画を用い専門用語は極力省きました。
・中学と高校の「保健」で学ぶ薬の内容をほぼおさえています。
・自然治癒力の重要性、カラーコンタクトレンズやヘアカラーなど、生徒に身近なトピックスも含めて授業で取り上げやすくしました。
・小冊子の最後の”くすりチャート”は授業のまとめに最適です。
A5版14ページで、手に取りやすいサイズです。
・学校現場に多い白黒印刷にも対応しています。
PPT版も用意しているので、先生が自由にアレンジできます
誰が作成したの?
監修:公益社団法人 日本薬剤師会
協力:文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課 健康教育調査官 小出彰宏
制作:公益社団法人 日本薬剤師会 学校薬剤師部会 / 一般社団法人 くすりの適正使用協議会

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事