協議会は、昨年制作した女性向け小冊子「妊娠・授乳とくすり」を、東京都福祉保健局と配布について相談のもと、都内の全保健所等に計1万部を配布します。冊子は7月中に各保健所等に届き、妊産婦さんへのアドバイスに活用される予定です。
同時に、協議会ホームページ上では、これまでのPDF版に加え、小冊子「妊娠・授乳とくすり」のスマホサイトを7月より公開しました。
これにより、妊娠中の女性や、乳幼児の子育てで忙しい授乳中のママが、よりアクセスしやすい環境を整えました。

また、交通機関等での妊産婦さんへのやさしい環境作りを目指す「マタニティマーク」を応援するとともに、妊娠・授乳とくすりに関する正しい知識を知っていただくため、7月下旬から1年間、都営大江戸線(1編成)の優先席付近にて、タイアップ広告を貼り出します。

 

■ニュースリリースPDFはこちら■

http://www.rad-ar.or.jp/information/pdf/nr17-170721.pdf

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事