くすり教育委員会は、10月27日~28日にかけて北海道札幌市にて開催された平成28年度全国学校保健・安全研究大会に、5年ぶりにくすり教育のブース出展を行いました。
 同学会は「生涯を通じて、心豊かにたくましく生きる力を育む健康教育の推進」を掲げ、文部科学省とも強い関係性のある大会です。
 ブースでは定番となった「コップ1杯の水かぬるま湯でのむ」ことを理解するための実験を行ったり、出来上がったばかりの女性向けRAD-ARカード(小冊子)、及び子供向けと高齢者向けが無料提供キャンペーン中であることを宣伝しました。
 期間中に日本薬剤師会の山本会長、文部科学省初等中等教育局の小出調査官も立ち寄られ、当協議会活動に対して支援のメッセージをいただきました。
CIMG3989 (300x225).jpg
CIMG3984 (300x225).jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事