くすり教育委員会は、8月7日に島根県薬剤師会 学校薬剤師部会 春季研修会において、68名の学校薬剤師の参加のもとで出前研修を行いました。島根県は薬剤師による薬物乱用防止教育の実施率が高いエリアですが、くすり教育に関しても力を入れたいと申込があったことがきっかけです。申込時には、学校との事前打合せの実施方法についても依頼されたことから、それらを考慮して研修を行いました。
 全体的に聴講の先生方は非常に熱心で、実施後の質疑ではマグネパネルの購入額を確認されるなど実施を視野に入れた発言が印象的でした。
CIMG3953 (300x222).jpg
CIMG3941 (300x225).jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事