くすり教育委員会は、7月25日、千葉県立柏特別支援学校の夏季研修として、教職員や保護者、県内の小中学校職員・特別支援学校職員など、計96名の方を対象に出前研修を行いました。
 今回の出前研修は、以前行なった千葉県内の特別支援学校での出前研修に、2回参加された先生からの依頼で行なわれました。
特別支援学校ということで専門的な薬の知識や内容などを希望されていた方も多かったようですが、まずは薬の基礎知識を知っていただきたいことから、基礎的な内容での研修になりました。
予定していた参加人数を大幅に超えての研修になりましたが、マグネパネルを使用しての説明や、ドミノクイズ、実験などで盛り上がりました。
「薬の基礎知識」や「血中濃度」など聞きなれない言葉や少し難しい内容も含まれましたが、熱心にメモを取っていらっしゃる方も多く見られました。
201607253 (300x180).jpg
201607254 (300x163).jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事