協議会は、医薬品・医療に関する一般市民の意識の変化を把握するため、 2000年より5年毎に定点調査を実施しています。
今回、2015年度調査を実施しましたので、その結果の一部を速報版としてご紹介します。

 

�@かかりつけ薬局を決めている人は4割に増加、薬局の人的対応面を重視する傾向

  • かかりつけ薬局を決めている人は2010年の34.0%から7ポイントUPし40.7%へ
  • 決め手として、2010年は立地が重要なポイントとして挙げられていたが、今回はスタッフの対応など薬局の人的対応面を重視する傾向
  • ジェネリック医薬品の取り揃えも決め手のひとつに

 

�A処方薬を指示通りに使わなかった人では、余った処方薬を捨てずに使いまわす人が4割

  • 処方薬をきちんと指示通りに使う人が42.3%に増えたが、指示通りに使わなかった人では、余った処方薬を保存しておいて同じ症状の時に使ったり、家族に分けるなど使いまわす人が38.0%
  •  特に慢性疾患で通院中の人は、使いまわす傾向が高い
  •  処方薬が余ったことを医師や薬剤師に伝えるべきと思っている人は22.5%に留まる

 

�Bお薬手帳は2人に1人が利用、5年で2割以上UP

�C薬の説明を印刷物で欲しい人が6割以上

�D副作用発生時には薬剤師に相談する人が年を追うごとに増加

�E医薬品副作用被害救済制度、医薬品教育とも認知度は低い

 

■■■グラフやリリース全文PDFはこちら■■■
http://www.rad-ar.or.jp/information/pdf/nr15-160330.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事