協議会がホームページで公開している、患者さんと薬剤師とのコミュニケーション促進ツールである医療用医薬品の情報シート「英語版くすりのしおり®」が5,000種類を越えました。

 

これは、掲載数でみると中期計画2012-2016スタート時(4年前)から約3.5倍に増加したことになります。

 

また、パナソニック ヘルスケア株式会社の電子薬歴システム「ファーネス�V-MX」に、英語の医薬品情報として「英語版くすりのしおり®」が昨年12月に業界として初めて採用されました。

 

■■■ニュースリリースPDFはこちら■■■
http://www.rad-ar.or.jp/information/pdf/nr15-160209.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事