くすり教育委員会は、2015年12月17日、お薬手帳発祥の地といわれる朝霞地区にある埼玉県朝霞西高等学校の学校保健委員会にて出前研修を行いました。全校全クラスの保健委員50名強に加え、学校医の先生方、PTA会長・副会長に教諭の先生方、合わせて60名を超える方々が対象でした。
 参加型の実験や○×クイズなどを取り入れ、生徒のみなさんの興味をひけるよう工夫しました。特に保健委員は各クラスの代表ということもあり、受講後に各クラスでのフィードバックも予定しているためか、しっかりメモをとるなど、皆さんとても熱心に聴講されていました。一方、50分という限られた時間の中で、十分に伝わったのか多少不安の残るところもありました。
CIMG3673 (300x225).jpg
20151217 (300x148).jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事