協議会は、2015年9月3日付で登記を行い、「一般社団法人 くすりの適正使用協議会」として新たな出発をいたしました。

 

さらに、協議会は一般社団法人に移行して初となるシンポジウムを、
9月25日(金)に慶應義塾大学薬学部医薬品開発規制科学講座との共催で
「健康寿命の延伸と医薬品リテラシーの向上」をテーマに開催しました。
同大学で開催した本シンポジウムには、製薬企業やメディア、アカデミアなど約130名が参加しました。

 

■■■ニュースリリースPDFはこちら■■■

http://www.rad-ar.or.jp/information/pdf/nr15-151001.pdf

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事