広報誌「RAD-AR News(レーダーニュース)」の<Vol.26,No.2>を2015年9月8日に発行しましたので、その概要をご案内します。是非ご覧ください。
index_ph111.jpg
■■■レーダーニュースPDFはこちらから■■■

≪RAD-AR News Vol.26, No.2コンテンツ≫
■黒川理事長が会員企業トップに聞く! Vol.13
「バイオ医薬品で新しい価値の創造を
   ~コンパニオン診断薬を用いた適正使用~」
 協和発酵キリン株式会社 代表取締役社長 花井 陳雄氏
会員企業のトップの方との話し合いを通して考える対談企画。
第13回は、発酵技術で培われたバイオテクノロジーを基盤とする協和発酵キリンの花井社長との対談です。バイオ医薬品の適正使用の領域で同社が進めている革新的な取り組みや、患者さんへの貢献への思いについてお話を伺いました。
■■対談記事はこちら■■
■一般社団法人 くすりの適正使用協議会へ
 平成27年度臨時総会および第36回理事会報告
くすりの適正使用協議会が7月9日に開催した、臨時総会および第36回理事会にて、法人化を含むすべての議案が満場一致で承認されました。
■くすりの適正使用協議会会員一覧
■くすり教育 現場探訪 拡大版
「自分の健康を自分で守れる子を育てたい」
 高崎市教育委員会・高崎市立高南中学校
今回は、今年1月に中学3年生を対象に保健体育教諭と学校薬剤師のチーム・ティーチング(T・T)で研究授業を行った群馬県高崎市立高南中学校に伺いました。
実際に授業を行った保健体育教諭と学校薬剤師、そして教育委員会の担当者、計4名の先生に、それぞれの立場からお話をお聞きしました。
■新規加盟会社紹介 旭化成ファーマ株式会社
3月に新規加盟会社として入会した、旭化成ファーマ株式会社のご紹介です。
■リレーインタビュー 薬学教育と薬剤疫学4
「バイオマーカー探索で副作用発症リスクの評価に貢献
          ‐データベース研究の普及を目指して‐」
名古屋市立大学大学院 教授 頭金 正博 先生
第3回の飯原 なおみ先生(徳島文理大学香川薬学部 教授)からのバトンリレーで、第4回は名古屋市立大学大学院の頭金 正博先生にお聞きしました。
先生からは、ナショナルデータベースの特長と限界、ゲノム疫学による副作用の発生リスク特定など、さまざまな取り組みをご紹介頂きました。
■新刊書のご紹介
「医薬品リスク最少化のための実践的アプローチ
              CIOMS Working Group IX 報告」
■薬についてのソボクなギモン
Q:薬の品質はどのように確保されていますか?
■くすり相談室最前線vol.2 東和薬品株式会社
「くすり相談室に寄せられる医療関係者や一般の方からの生の声
ジェネリック専業メーカーだからできる、製剤技術や付加価値の創造」
東和薬品株式会社 営業本部 学術部
第二回は、黒柳徹子さんのテレビCMが印象的なジェネリック医薬品専業メーカーである、東和薬品株式会社本社学術部のくすり相談室を訪問しました。
■NEWS & TOPICS
□ HPVワクチンのリスコミに関する調査結果を学会発表
□「RAD-ARカード 子供用」をリニューアル
■知っていますか?この実態 第9回
「患者さんとのコミュニケーションに関する用語を知っていますか?」
■くすりの適正使用協議会の現況
■■■レーダーニュースPDFはこちらから■■■

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事