くすり教育委員会は、埼玉県教育委員会・埼玉県学校保健主事会が主催する平成27年度埼玉県学校保健主事研修会(6月23日、埼玉会館にて開催)において、「くすりの正しい使い方~基礎知識と授業の一例~」の「出前研修」を実施しました。
 埼玉県下(除、さいたま市)の小・中・高等学校の約800校の保健主事約800名が参加され、熱心に聴講やメモを取っていました。参加者が多く会場も大ホールと大きいため、実験などはビデオ中継を取り入れ、参加者が見やすい環境作りをしました。
 通常の研修内容に加えて、先端医療に伴う薬の最新情報を提供して欲しいとの要望から、1994年度と2014年度のくすりに対する患者さんの治療満足度を紹介する等の工夫を凝らしました。
 参加された学校保健主事からは、大変良い講演を聞かせていただき学校での医薬品教育に早速活かしていきます等のコメントをいただきました。
P6230085 (300x225).jpg
P6230096 (300x225).jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事