くすりの適正使用協議会(理事長:黒川達夫)、日本製薬工業協会(会長:手代木 功)、日本OTC医薬品協会(会長:吉野俊昭)の製薬3団体は、平成25年度から実施される高等学校の新学習指導要領に準拠した医薬品教育の教育用DVD教材「医薬品とは−高等学校医薬品教育用教材−」を作成しました。
本教材は、学校で医薬品教育を担当する保健体育教諭および養護教諭が参加する第59回日本学校保健学会【開催地:神戸市、開催期間:11月9日(金)〜11日(日)】のランチョンセミナー【開催日時:11月10日(土)12時〜13時、開催会場:神戸国際会議場−5階501/G会場)】において公開・配布します。

本教材は、内容の専門性から、協賛者である公益社団法人日本薬剤師会(会長:児玉 孝)を通じ、全国約5,000校の高等学校の学校薬剤師を通じて保健体育教諭や養護教諭らの学校現場に届けられます。

≪DVD「医薬品とは−高等学校医薬品教育用教材−」の概要≫

◆DVDの内容:(所要時間:74分)
本編(約40分)
はじめに〜自然治癒力と医薬品〜
1. 医薬品とは
2. 一般用医薬品の販売の規制
3. 医薬品ができるまで
4. 医薬品の特性(医薬品の剤形と特徴)
5. 医薬品の使用法
6. 副作用

補足編(約34分)
・医薬品の役割
・実験から学ぶ「医薬品の正しいのみ方」
・医薬品の歴史
・医薬品の現在・未来〜医薬品の今〜
・医薬品の現在・未来〜医薬品の歩み〜
・医薬品の現在・未来〜医薬品の未来〜
・医療保険制度と医薬品
・医薬分業とお薬手帳
・スイッチOTCと家庭薬とは

◆作成の経緯:
平成25年度より施行される高等学校新学習指導要領では、医療用医薬品・一般用医薬品、医薬品の承認制度・販売規制、副作用など広範囲で専門的な内容が取り扱われます。
教育関係者からは、「広範囲で専門的な内容をどう教えるべきか」との課題が出され、医薬品教育を担当する、保健体育教諭、養護教諭、学校薬剤師にとって使い易く、かつ高校生に理解できる内容の教材が必要とされました。
そこで、製薬3団体が保有する知識、ノウハウや資料、資材を使った医薬品教育用DVD教材を作成し、公益社団法人 日本薬剤師会が協賛して要望に対応することとしました。

◆DVDの特徴:
�@高等学校新学習指導要領に準拠。
�A視覚に訴える動画や写真やイラストを使用。
�B教育者が必要な部分を取り出し易いようにチャプター毎に再生可能。
�C1チャプター15分以内で、限られた授業時間の中で使い易い構成。
�D補足編に、生徒の興味を引くテーマを掲載。

◆DVDの入手方法:
�@入手可能対象者:以下の関係者に限定。
高等学校教諭(保健体育教諭および養護教諭に限定)、
学校薬剤師、報道関係者教育関係行政官
�A入手申込先:
・DVD「医薬品とは―高等学校医薬品教育用教材―」紹介ページ
http://www.rad-are.com/textbook/highschool/

ニュースリリースは下記をご覧ください。

http://www.rad-ar.or.jp/information/pdf/nr12-121108.pdf

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事