くすりの適正使用協議会が患者さんと薬剤師のコミュニケーション促進のために提供している「くすりのしおり」(*)が三洋電機株式会社の保険薬局用レセプトコンピューター「Pharnes(ファーネス)Ⅱ」【注1】に平成22年12月より標準搭載されます。「くすりのしおり」は、薬剤師・医師などの医療提供者によく活用されておりますが、保険薬局用レセプトコンピューターに搭載されることにより、医療提供者は「くすりのしおり」を活用した患者さんへの説明がしやすくなります。
 今回、保険薬局用レセプトコンピューター「Pharnes(ファーネス)Ⅱ」(三洋電機製)に搭載されることで、保険薬局の薬剤師はカウンターで処方せんの情報と合わせて「くすりのしおり」を表示、または印刷することができ、従来よりもわかりやすく患者さんにくすりの説明を行うことが可能となりました。
 保険薬局の服薬支援(指導)は「薬剤情報文書」に基づいて口頭で実施されることもありますが、協議会が実施したインターネット調査によると【注2】、「患者さんはより詳しいくすりの情報を薬剤師から提供してもらう」ことを希望しており、さらに自宅でも読みなおせる紙媒体での提供を要望しています。
 また、公開されている「くすりのしおり」サイトへのアクセスは、半数以上が一般の方であり、その他いくつかの医療ポータルサイト【注3】情報も「くすりのしおり」のデータを基に作成されていることから、患者さんは入手した「くすりのしおり」の情報を基に、さらに専門家の説明を希望しているのではないかと推測されます。
 「くすりのしおり®」は、今後、診療所向けのレセコン一体型電子カルテシステム「Medicom-HRⅡ」(三洋電機製)への搭載も予定されています。このような搭載機器の広がりにより、患者さんにとっては、くすりについての理解がより深まるとともに正しく服用できるようになり、また薬剤師等の医療提供者にとっては、さらに詳細な服薬支援(指導)を行えるようになります。また、ハイリスク【注4】 の服薬指導にも効果を発揮し 「くすりのしおり」の活用への新たな第一歩を踏み出したといえます。
(*)くすりのしおり®
 当協議会が1993年から作成している医療用医薬品ごとに必要最小限の情報をまとめた情報シートで、医療提供者と患者さんとのコミュニケーションツールとして広く活用されています。
また、バリアフリー対策として、在日外国人向けに英語版を、視覚障がい者向けに音声版を用意しています。くすりのしおりホームページ
[注1] 「ファーネスⅡ」に関する内容お問い合わせ先:
三洋電機株式会社 コマーシャルカンパニー メディコム事業部 調剤システム部 調剤企画課
TEL:03-5816-5158
[注2] 出典:「医薬品および医療に関する意識調査」(2010.10)
当協議会が、医療・医薬品に関する一般生活者の意識がどのように変化しているかを把握するため5年ごとに行っている定点調査
[注3] AskDoctors(エムスリー株式会社)、QLifeお薬検索(株式会社QLife)、薬検索(株式会社オールアバウト)
[注4] 「ハイリスク薬の薬剤管理指導に関する業務ガイドライン」(2009.10.16)による
ニュースリリースはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事