くすりの適正使用協議会(会長:大橋勇郎 以下、協議会)は6月30日(水)に、「第36回通常総会/第26回理事会」を開催し、協議会から提出された議案並びに報告がすべて承認可決されたことをお知らせいたします。
 本協議会は引き続き、患者さんの健康の維持、増進のために何を提案できるかを念頭に置き、社会に貢献する活動を進めていきたいと考えております。
【RAD-AR活動をささえる会員】
 協議会は、「全ての医薬品が宿命的に併せ持つベネフィットとリスクについて、科学的に評価しその実態を社会に提示し医薬品に対する正しい理解と信頼関係を着実に得ること」を本務とし、研究開発指向の製薬企業22社、個人会員2名によって運営されています。

【企業会員】 五十音順22社  *理事社
  アステラス製薬株式会社      アストラゼネカ株式会社    
  エーザイ株式会社*        大塚製薬株式会社       
  キッセイ薬品工業株式会社     協和発酵キリン株式会社    
  興和株式会社           サノフィ・アベンティス株式会社
  塩野義製薬株式会社*       第一三共株式会社*     
  大正製薬株式会社         大日本住友製薬株式会社*    
  武田薬品工業株式会社*      田辺三菱製薬株式会社*    
  中外製薬株式会社*        日本イーライリリー株式会社  
  日本新薬株式会社*        ノバルティス ファーマ株式会社*   
  ノボノルディスクファーマ株式会社 万有製薬株式会社  
  ファイザー株式会社*       明治製菓株式会社*
  
【個人会員】 五十音順  敬称略
  大野 善三   
  三輪 亮寿

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事