くすりの適正使用協議会は、財団法人日本学校保健会が主催する文部科学省補助金事業「『医薬品に関する教育』保健教育指導者研修会」に共催し、指導者がより効果的に授業を進めるための基礎知識を習得できるようサポートすることになりました。
 平成24年度より施行される中学校新学習指導要領の保健体育において、「医薬品適正使用授業」が全面実施されることになりました。
 協議会では、生命・健康の維持増進に課す医薬品の重要性を考え、「医薬品の適正使用」を啓発、普及する活動を行っております。近年はとりわけ、“できるだけ早い時期から医薬品に関する基本的な学習を行う重要性”を鑑み、児童・生徒を対象に「くすり教育」の普及活動に尽力しております。
◆◆◆研修会概要◆◆◆
◇日時/場所
【東京開催】
・平成21年7月29日(水) 13:00~16:00
・T’s渋谷アジアビル(渋谷区神南1-12-16 渋谷駅徒歩6分)
       
【大阪開催】
・平成21年8月24日(月) 13:00~16:00
・大阪赤十字会館(大阪市中央区大手前2-1-7 天満橋駅徒歩5分)
◇対 象
保健体育科教員、養護教諭、保健主事、管理職、学校薬剤師 (200名程度)
◇内 容
「医薬品」に関する内容が中学校学習指導要領に新たに加えられた背景、指導方法および授業実践例 他
◇主 催 : 財団法人日本学校保健会
◇共 催 : くすりの適正使用協議会 
ニュースリリースはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事