くすりの適正使用協議会は、くすりのしおりを1999年2月より協議会ホームページにて提供を開始しました。当初の約2,400品目から現在の約9,800品目(内服・外用薬8,853品目、注射薬958品目)へと掲載品目は増えております。
 先頃、こうした状況を踏まえデータベース化を行い、くすりのしおりサイトへのアクセス状況を詳細に把握できるようになりました。その成果についてお知らせします。
【平成21年4、5月の状況】
1. アクセス数: 約545,000
((独)医薬品機構、(社)日本医師会などの他のリンク先からのものを含みます)
2. 掲載品目当たりのアクセス数: 約62
(くすりのしおり掲載品目数は2009年5月末で8,853です)
3. 印刷数: 約30,000
4. ダウンロード数: 約44,000
5. 専門家でない一般の人のアクセス割合: 約50%
 ただし、ここでのくすりのしおりは、内服薬と外用薬に関するものです。なお、注射薬のくすりのしおりのアクセス数は約67,000、掲載品目数は958です。
【これまでの経緯】
 従来、アクセス数そのものは把握していましたが、その内訳など詳細な分析はできていませんでした。この度システムを変更し、それを可能としました。つまり、掲載品目ごとに「ページ参照数」、「印刷ページ表示回数」、「Wordファイルダウンロード回数」、「音声コード付きファイルダウンロード回数」、「英語版ページ参照数」、「英語版印刷ページ表示回数」、「英語版Wordファイルダウンロード回数」を直接カウントできるようにし、利用度の把握ができるようにしました。また、薬効群別、製薬企業別、医薬品別など分析も可能としました。
【参考】
薬効群別アクセス数(上位5)
画像2.jpg
-------「くすりのしおり」とは?----------
 協議会が1993年から作成している医療用医薬品ごとに必要最小限の情報をまとめた情報シートで、医療提供者と患者さんとのコミュニケーションツールとして広く活用されています。
 また、バリアフリー対策として、在日外国人向けに英語版を、視覚障がい者向けに音声版を用意しています。 
くすりのしおり
ニュースリリースはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事