くすりの適正使用協議会は、この度、病気と医薬品とを結びつけた新しい情報提供サイト「コンコーダンス指向くすりのしおり『あなたの病気とくすりのしおり:糖尿病編』」を開発し、10月20日に公開いたしました。

当協議会では、患者さん自身が治療の決定に関わることができるよう、病気とその治療(薬物療法を含む)の情報を、患者さん、医療者に提供するために、「コンコーダンス指向くすりのしおり」の作成に取り組んでおります。
「コンコーダンス」とは、患者さんが、医療者とのパートナーシップに基づき、両者間で情報を共有し、対等の立場で話し合った上で治療方法を決定していくプロセスのことです。

今日、海外ではコンプライアンスからコンコーダンスへ認識の改善に向けた取り組みがなされており、我が国の「くすり」の情報についても、患者さんや国民の皆さんへ、情報提供のあり方、質の向上、アクセスのしやすさなど改善の必要性が認識されてきています。
「コンコーダンス指向くすりのしおり」では、病気の情報やその治療の情報、さらに薬物治療に用いられる「くすり」の情報を連動させたトータルな情報を、患者さんや国民の皆さんに提供し、病と共に生きていく患者さんをサポートしていくことを目指しております。

今回の糖尿病編は、既に公開している高血圧編に続くものです。今後は、喘息編の公開を予定しております。
当協議会では、患者さんや国民の皆さんが、病気のこと、その治療のこと、そして「くすり」のことを十分理解され適正な医療、適正な薬の使用を確保されることを願っております。

◆コンコーダンス指向くすりのしおり「あなたの病気とくすりのしおり:糖尿病編」
http://www.rad-ar.or.jp/concordance/html/

 

【コンコーダンス指向くすりのしおりの概念】
■治療の開始に当たって、患者さんが医療者と話し合いができるように、病気とその治療の情報を提供する。
■患者さんが、自身の病気やその治療について理解を深め、納得の治療を選択できるようにサポートする。
■治療している間にも患者さんの疑問に答えられるようにサポートする。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事