くすりの適正使用協議会(会長 大橋 勇郎)は、「開発段階における定期的安全性最新報告(DSUR)」を平成20年2月6日(水)に発行いたします。
 これは、CIOMS*(Council for International Organizations of Medical Science) が平成18年6月に発刊した報告書「CIOMS Working Group Ⅶ Report」を当協議会が翻訳したものです。
1.本報告書について 
 「開発段階における定期的安全性最新報告」(DSUR)は、現在ICH(E2F)でもトピックとして取り上げられています。将来的には、「市販品の定期的安全性最新報告」(PSUR)と同様に、今回の報告内容を基に我が国ばかりでなく全世界で共通な開発段階での定期的安全性最新報告の作成が予想されます。
 DSURが確立した場合は、現在市販品で確立しているPSURと対または統合され、臨床開発開始から製品のライフサイクルを通して一貫性のある安全性情報の管理、提供が可能になり、本報告書が大いに参考になると思われます。
◇ 監訳 : くすりの適正使用協議会
◇ 発行 : 有限会社 レーダー出版センター
◇ 発売 : 丸善株式会社 出版事業部
◇ 定価 : 4,200円(税込)  A4判
2.特別価格による予約受付 
 *予約受付は終了いたしました。どうもありがとうございました!
 本報告書は2月6日(水)発行予定ですが、2月6日までは特別価格(3,360円・税込)にて予約販売を承ります。ご希望の方は下記要領にてお申込ください。
◆申込先:有限会社レーダー出版センター (FAX:03-3663-8895)
◆申込方法:本協議会のホームページに掲載の専用申込用紙に必要事項をご記入うえ、FAXにてお申込ください。
なお、一般書店および丸善株式会社の本・支店では、特別価格でのお取り扱いは行っておりませんので、予めご了承願います。
cioms7image.jpg

ニュースリリースはこちら

書籍内容紹介はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事