当協議会では11月18日(土)~20日(月)、パシフィコ横浜で開催された第21回アジア薬剤師会連合学術大会(FAPA)でくすりの絵文字「ピクトグラム」を出展しました。展示コーナーでは、英語、中国語の簡体字および繁体字、韓国語、4種類のピクトグラムシールを用意して、学会参加者、とくに台湾、フィリピン、インド、韓国、タイなどの薬剤師に、その目的や活用方法を紹介しました。また、わが国の多くの薬剤師からは、在日外国人や外国人旅行者へのくすりの説明に大変役立つとの評価をいただきました。
 会場で用意した4か国語のシール以外に、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、などの要望が参加者から出されました。今後、当協議会では少しずつ外国語バージョンを拡大して、在日外国人が病気でくすりを処方されるときに少しでも不安が解消するように、また、アジア各国にくすりの絵文字が広まっていくよう、UD(ユニバーサルデザイン)拡大の一助になればと期待しております。
 その一環として、12月1日(金)より当協議会のホームページから、4か国語のくすりの絵文字をダウンロードできるように設定しました。この機会に是非、活用方法を検討していただければ幸いです。具体的には次の4か国語ですが、絵柄のなかに記載の文字は当面英語で統一していますのでご了承ください。
 ○英語版       English
 ○中国語(簡体字) Simplified Chinese
 ○中国語(繁体字) Traditional Chinese
 ○韓国語(ハングル) Korean
なお、絵柄下段にある4か国語の説明文は、大阪府健康福祉部薬務課で翻訳したものを提供いただきました。
2006-12-01_12-43-18_anime.gif
くすりの絵文字「ピクトグラム」ダウンロードはこちら
 学会当日、展示コーナーで配布した「ダウンロード案内チラシ」
postar.jpg
 学会参加者でにぎわう当協議会の展示コーナー
fapa061118-20.jpg

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
‐2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査を実施‐日本人患者に比べて外国人患者とのコミュニケーションが出来ていないと感じる薬剤師は66%
ニュースリリース
‐2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査を実施‐日本人患者に比べて外国人患者とのコミュニケーションが出来ていないと感じる薬剤師は66%
‐2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査を実施‐ 日本人患者に比べて外国人患者との...