第22回国際薬剤疫学会 (ICPE)は、ポルトガルのリスボンで8/24~27の4日間、開催されました。参加者総数は約800名で、日本からの参加は25名(他に海外在住の日本人も数名)と少数でした。わが国の監督官庁などからの参加は皆無で、薬剤疫学に対する欧米と日本との認識の差がはっきりと表れていました。
 5会場に分かれ、8つのシンポジウムと8つのワークショップが開催されました。一般講演は、口頭発表が22のセッションに別れて168題、ポスター発表は3日間で481題でした。ちなみに、日本からの発表は当協議会のも含めポスターが8題、口頭発表が1題でした。
 今回、当協議会が構築した使用成績調査database(DB)を使った研究の成果"Effect of concomitantly used CYP3A4 inhibitors in patients treated with calcium channel blockers" をポスターで発表しました。また、石黒氏(京都大学・社会健康医学)からも、当協議会のDBを使った研究の成果”The Effect of Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs on Therapy of Antihypertensive Drugs”がポスターで発表されました。当協議会が構築したDBによる研究成果が、海外で発表されたのは初めてです。
もっと詳しく知りたい方はこちら
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事