会員企業を対象にしたプロトコル作成教育研修セミナーは7月15日(土)にスタート(当TOPICSで既報)、9月2日(土)に無事6回目を修了した。閉講にあたって、海老原理事長から受講者1人ひとりに修了証書が手渡された。13社18名の参加者全員が、厳しい暑さの中を落伍することなく最終回を迎え、それぞれに手応えを感じたセミナーだったようだ。今後の実務に大いに反映されることを期待したい。
○目 的:市販後に実施する調査/試験のプロトコルを自ら作成できる知識の修得。
○講 師:浦島 充佳 先生(東京慈恵会医科大学臨床研究開発室・薬物治療学研究室)
○受講者:13社18名 
○内 容:以下の研究デザインについて、その特徴と留意点を研修した。
  ①7月15日(土) :ランダム化臨床試験
  ②7月22日(土) :コホート研究
  ③7月29日(土) :ケース・コントロール研究
  ④8月5日(土)   :ネステッド・ケース・コントロール研究/ケース・クロスオーバー研究
  ⑤8月26日(土) :Propensity Scoreを用いた研究
  ⑥9月2日(土)  :統計解析ソフトとその使用実例
報告書(PDFファイル)はこちら
育薬アカデミーの詳細を知りたい方はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事