くすりと食品の相互作用

チーズ

薬剤がチーズに大量に含まれているチラミンの分解を妨害するため、チラミン中毒(顔面紅潮、頭痛、急激な血圧上昇など)が発現する可能性がある。

相互作用にかかわる主な薬物 代表的な薬物名
MAO阻害薬 セレギリン(抗パーキンソン剤)
消化性潰瘍治療薬 シメチジン(消化性潰瘍用剤)
抗結核薬 イソニアジド(抗結核剤)
精神神経薬
  三環系抗うつ薬
イミプラミン(抗うつ・不安薬)

備考

  • チーズは特にチラミンの含有量が多い食品である。チーズ以外のチラミンの含有量が多い食品(ニシン、たらこなど)や嗜好品(ビール、ワインなど)の過剰摂取は避ける。

作成:くすりの適正使用協議会
監修:北村正樹(東京慈恵会医科大学附属病院 薬剤部 医薬品情報室)