くすりと食品の相互作用

アルコール

アルコールは多くの薬剤と吸収・代謝などの段階で影響し、血中濃度を大きく変動させることから薬剤との併用は避ける。

薬剤の血中濃度の上昇

アルコールにより薬剤の血中濃度が高まり、作用が増強し副作用も発現する危険性がある。

相互作用にかかわる主な薬物 代表的な薬物名
精神神経薬
 ベンゾジアゼピン系薬

ジアゼパム(催眠鎮静剤・抗不安薬)

精神神経薬
  三環系抗うつ薬

アミトリプチリン(精神神経用剤)

糖尿病用剤 アセトヘキサミド(糖尿病用剤)
解熱鎮痛薬 アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)

中枢神経抑制

アルコールにも中枢神経抑制作用があるため、作用が増強する可能性がある。

相互作用にかかわる主な薬物 代表的な薬物名
精神神経薬 カルバマゼピン(抗てんかん薬)

アルコール分解抑制

薬剤によって、アルコールの分解を抑制しアルコール代謝に影響を及ぼし頭痛、嘔吐、顔面紅潮など不快な作用が増強する可能性がある。[アルコール代謝の途中段階で生じるアセトアルデヒドが蓄積することで発現する不快な作用(ジスルフィラム様作用)である]

相互作用にかかわる主な薬物 代表的な薬物名
抗菌薬
 セフェム系薬

セフメタゾール(抗生物質製剤)
セフォテタン(抗生物質製剤)

抗ガン剤 カルモフール(代謝拮抗剤)

血管拡張

相加的に血管拡張作用が増強し、血管拡張作用による起立性低血圧や失神が起こる危険性がある。

相互作用にかかわる主な薬物 代表的な薬物名
狭心症治療薬 ニトログリセリン(血管拡張剤)

作成:くすりの適正使用協議会
監修:北村正樹(東京慈恵会医科大学附属病院 薬剤部 医薬品情報室)