検索結果

総件数:636件

表示件数 

通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群やスティーブンス・ジョンソン症候群による目の傷の治療に用いられます。
通常、変形性膝関節症、肩関節周囲炎、関節リウマチにおける膝関節の痛みに用いられます。
通常、変形性膝関節症、肩関節周囲炎、関節リウマチにおける膝関節痛の治療に用いられます。
通常、変形性膝関節症、肩関節周囲炎、関節リウマチにおける膝関節痛の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後・薬剤性・外傷・コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後・薬剤性・外傷・コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群やドライアイ、術後、コンタクトレンズ装用などによる目の傷の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後・薬剤性・外傷・コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)などの内因性疾患、術後・薬剤性・外傷・コンタクトレンズ装用などによる外因性疾患に伴う角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群やスティーブンス・ジョンソン症候群による目の傷の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイ、手術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる角結膜上皮障害(目の傷など)の治療に用いられます。
通常、変形性膝関節症、肩関節周囲炎、関節リウマチにおける膝関節痛の治療に用いられます。
通常、変形性膝関節症、肩関節周囲炎、関節リウマチにおける膝関節痛の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性や、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズなどによる外因性の角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群やドライアイ、術後、コンタクトレンズ装用などによる目の傷の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性や、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズなどによる外因性の角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイ、手術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装用などによる角結膜上皮障害(目の傷など)の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性や、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズなどによる外因性の角結膜上皮障害の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群やドライアイ、術後、コンタクトレンズ装用などによる目の傷の治療に用いられます。
通常、シェーグレン症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群、ドライアイなどの内因性や、術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズなどによる外因性の角結膜上皮障害の治療に用いられます。

キーワード検索

 

 

 

 

更に絞り込む

製品名を索引から探す
製品名で検索