くすりのしおりとコンコーダンス

くすりの適正使用協議会は、医薬品を正しく理解し用いることを通して、健康保持とQOL(生活の質)の向上に寄与することを目的として活動しています。そのために、患者さんと医療者がパートナーシップを構築し、コミュニケーションを取りながら治療や薬を選択できるよう、患者さんと医療者のコミュニケーションの促進のための医薬品情報ツール「くすりのしおり®」を提供してきました。

「コンコーダンス」とは、『患者と医療者が同じチームの一員』と考える概念で、患者と医療者がパートナーシップに基づき、両者間で情報を共有し、対等の立場で話合った上で治療(服薬も含みます)を決定していくことを目指します。そのために、医療者は治療や服薬だけでなく、患者の価値観やライフスタイルなどを尊重し、感情的な側面や生活に関わる問題にも寄り添うことが必要とされています。患者もまた、医療者とよりよいコミュニケーションを築き意思決定していくことで、治療(服薬)に積極的に参加し、目標に向かって進んでいくことが期待されています。

くすりのしおりとコンコーダンス

くすりのしおりとコンコーダンス

くすりのしおりとコンコーダンス

患者さんと医療者のよりよいコミュニケーションにむけて ~コンコーダンスの実践~

『一緒に話してみませんか?あなたと薬のこと』Part1、Part2では、“患者さんと薬剤師とのよりよいコミュニケーションの一例”として、長期にわたって服用されることの多い疾患を例に、初回来訪時および一年後の来訪時と、異なる場面でどのようなコミュニケーションをとりながら、お互いに治療のパートナーとして共に取り組んでいくのかをドラマ仕立てで紹介します。また、くすりのしおりの活用についても解説しています。

『くすりのはなし』は一般のみなさまに、『おくすりキャンパス』は医療者のみなさまにお役に立つような、資料・情報を掲載しております。 “患者と医療者のパートナーシップ~コンコーダンスのススメ~”では宮川内科・小児科医院 院長の宮川政昭先生に、コミュニケーションのあり方について、インタビュー形式でお話をしていただきます。