事業計画

平成29年度 事業計画

中期計画(2017-2019)初年度である 平成29年度事業計画・予算立案について、新中期活動計画を踏まえ設定した。

1.医薬品の本質を理解し、医薬品を正しく活用する能力の育成 【6,020千円】

(1)公教育における「くすり教育」のフォローと一般国民への医薬品リテラシーの啓発 <6,020千円>

教育関係者、医療関係者を対象とした医薬品教育のノウハウ伝授(出前研修)、協議会策定「くすりの知識10ヵ条」の周知、教材開発およびIT環境の整備・活用を通して医薬品リテラシーの啓発を図る。

また、医薬品リテラシー向上のための新たな方法論として、くすり教育対象者、医療関係者が一体となった体験実習 への取り組みを検討する。
(くすり教育・啓発委員会)

2.社会に向けた、信頼できる医薬品情報の提供 【6,680千円】

(1)くすりのしおりの社会的地位の強化 <2,680千円>

医療現場で「くすりのしおり」を使った服薬指導が増え、患者が必要とする情報を提供できるよう貢献するとともに、患者も「くすりのしおり」を用いて自分の薬を確認することで、医療者とのより円滑なコミュニケーションが図れるよう支援する。
(くすりのしおりコンコーダンス委員会)

(2)バイオ医薬品適正使用情報の検討 <4,000千円>

バイオ医薬品の適正使用に係る情報を収集し、啓発資料を作成し、効率的、効果的な情 報提供のあり方を検討する。

また、医療関係者、患者・一般国民それぞれを対象として、学会・講演会、Web等を活用した啓発活動を実施する。
(バイオ医薬品適正使用推進委員会)

3.ベネフィット・リスクコミュニケーションを最適化 【10,750千円】

(1)コンコーダンス概念の啓発 <2,650千円>

「くすりのしおり」活用方法の啓発により、コンコーダンスの考えを理解・実践している医療関係者、患者の増加を図る。
(くすりのしおりコンコーダンス委員会)

(2)薬剤疫学・データベース研究等、ベネフィット・リスクマネジメント最適化の啓発 <8,100千円>

ベネフィット・リスクマネジメントの海外最新情報を調査検討し、継続開催している薬剤疫学関連セミナーなどで活用するとともに、調査研究の結果を公表する。

また、データベース研究についても国内外の最新情報を取りまとめ、実践に向けた吟味・考察を経て情報発信することで、国内ステークホルダーの啓発や議論の一助になることを目指す。
協議会データベースについては、活用された投稿論文のとりまとめと、研究結果の発表を実施する。
(ベネフィット・リスクマネジメント実践委員会)

4.活動展開への基盤構築 【14,020千円】

内外に向けた戦略的PR活動の実施、またメディア等によって、協議会活動の理解が深まることで、将来の会員拡大に繋げる。

また、ホームページ、RAD-AR News等の継続した見直しにより、内容の充実とステークホルダーの満足度向上を図る。
(事務局/広報部)

収支予算

平成29年4月1日~平成30年3月31日

収入の部(単位:千円)

科目 平成29年度予算
会費 94,500
繰越金より拠出 24,940
雑収入(利子、研修参加費 等) 3,110
合計 122,550

支出の部

                
科目 平成29年度予算
事業費 96,520
1.くすり教育・啓発委員会 23,790
2.くすりのしおりコンコーダンス委員会 13,580
3.ベネフィット・リスクマネジメント実践委員会 18,380
4.バイオ医薬品適正使用推進委員会6,890
5.広報活動25,880
6.定例会議8,000
管理費 26,030
1.運営管理費 26,030
合計 122,550

基本戦略と中期活動計画

事業計画

公告

協議会のあゆみ

小冊子「くすりの適正使用協議会とは」